サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不変を通し、普遍の存在へ。 ORIS『ビッグクラウン オリジナルポインターデイト』

こんにちは!
栃木県小山市にある時計専門店で、
オリス正規販売店サロンドサセのアキヤマです(^^)




本日の時計の機能、
初めて世に出たのが1938年との事ですから…
細かな部分は変わっていても
基本的な仕様は80年近く経た今も不変という事に。

オリス腕時計の原点とも言うべき特徴を持ったモデルです、
それがこちら!



オリス『ビッグクラウン ポインターデイト』(≧∇≦)b

40ミリ径、自動巻で166,000円+税。


現代的な、高硬度で透明度の高いサファイアクリスタル製の風防は使わず。

傷は入りやすいが研磨出来る、昔ながらの柔らかく温かい雰囲気を持ったプラスチック風防を採用。


くさび形インデックスとアラビア数字を組み合わせた見易い文字盤に、

コブラハンド(コブラの頭のような形状の針で、
元は夜光塗料を塗った時に乗せやすくする為の工夫だったとか)で更に見易さアップ。
昔のミリタリーウォッチ(軍用時計)等で良く見られる意匠です。



風防周りのベゼル、ギザギザしております。
これをコインエッジベゼルと言いまして。
コイン横のギザギザのようだからというそのまんまな名前です。
これもやはり、古い軍用時計に多く用いられたりしていました。
光を変に反射しませんから、これも視認性に貢献してますね。




そしてモデル名にもなっているポインターデイト!
オリスと言えば、な機構なんです。

文字盤外周に1から31までの数字がプリントされており、
針(ポインター)で日付(デイト)を指し示す機構。
日付窓から数字が見えるのとは違った面白さ。
月のどれ位が経過したのか視覚的に捉え易かったりもします。










プックリと膨らんだ風防にコインエッジベゼルがクラシカル!
細やかな7連ブレスレットもクラシカルな雰囲気。
時計の雰囲気にマッチしているのではないでしょうか?


また、ポインターデイトと並ぶオリス得意分野の一つ、
大きなリューズ(ビッグクラウン)も見逃せません!










第二次大戦中、パイロットがグローブを嵌めたままでも操作し易く。
そんなところから生まれたのがこの大きなリューズ(クラウン)。
カッコでは無く実用本位、操作性は言うまでもなく良好です。









しっかりとした三つ折れ式のバックル(中留)に…











裏蓋から見えるはオリスお馴染みの赤く塗られたローター。












ミリタリー系の時計というとどうしてもカジュアルな雰囲気。
当然お休みの日には大活躍でしょう!

しかし、経た年月の重みかデザインの良さか?
シルバーの文字盤であれば、
カチッとした服装に合わせてもそこだけ浮いてしまう感じは無いように思います。
大きさも大きすぎないですしね。

スーツに合うミリタリーというのも
なかなか楽しいのではないでしょうか?


栃木県小山市にある時計専門店で、
オリス正規販売店のサロンドサセ店頭にて
是非検証してみて下さいね(^^)


お問い合わせはこちら>>>


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://34649.blog50.fc2.com/tb.php/321-a2965dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。