サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

機能はシンプル、見た目は複雑? ORIS 『アートリエ スケルトン 734 7670 4051』

こんにちは!
栃木県小山市にある時計専門店で、
オリス正規販売店になっているサロンドサセのアキヤマです(^^)



今回はオリスの定番人気ウォッチであり続ける、
機械式時計の醍醐味を味わえるモデルをご紹介致します。

これから暑い夏を迎えます。
手首が露出しやすい=腕時計がより見られるという事でもあり、
このような文字盤も楽しいのではないでしょうか?というご提案です。

それがこちら!
オリス『アートリエ スケルトン 734 7670 4051』(*´▽`*)



40.5ミリ径、自動巻で257,000円+税。




ポッカリと大胆に穴が開いた文字盤。
そこから覗く、肉抜きされた美しいムーブメント。
機械式時計でしかあり得ない光景が広がります。








小さな部品がコチコチコチコチ…
どれ位ゼンマイが巻かれてるのか見る事も出来たり…
ついというか、やはり機械に目がいってしまうのですけれども。

そこはさすがオリスと言いますか。
夜光塗料の塗布された時分針と、
波目模様の入った美しい文字盤外周、インデックスを残した事により…

決して凄く見易い訳ではないですが、
最低限の視認性は確保しております!

時間が分からないとなると時計として本末転倒ですものね。










丸みを帯びた柔らかい形状のケース。

リューズも丸く指の引っ掛かりも良好、
非常に操作のし易い物になっていると思います。










角度を変えて見るとこんな感じです。

摘まみやすく回しやすい、リューズの形状が分かるでしょうか?

操作性を無視したリューズも少なくない中、
オリスは基本操作が楽な物が多いように思います。
メーカーの真面目さが出ているのかもしれません。










透明な裏蓋からはお馴染みのレッドローターが顔を見せます。
つまり、表からも裏からも機械を丸々堪能出来てしまうんです!











革ベルトは牛革のワニ型押し、色は上品なブラウン。

そこにしっかりした造りの三つ折れ式バックル。
このバックル、通常の尾錠に較べて革を傷めにくい。
輪っか状になるので時計の落下を防ぐ等の利点が有ります!













文字盤部分を残してあるからなのか?

派手さを好む方にはあまり歓迎されないかもしれませんが、
意外と落ち着いた感じに着けられるのは美点かと思います。
ただし文字盤がこんなですから、
お仕事で使うのなら確認してからの方が宜しいかと思いますが…

それでも、この格好良さは機械好きならたまりませんよね!



大きな穴が開き、肉抜き装飾された機械が見える事により、
様々な美しい表情を見せてくれる
オリス アートリエスケルトン。

栃木県小山市にある時計専門店、
オリス正規販売店でもあるサロンドサセで是非じっくりとご覧になって下さいね(^^)

お問い合わせはこちら>>>



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://34649.blog50.fc2.com/tb.php/320-27f6d15a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad