サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座布団とパンダの素敵な出逢い LONGINES「ヘリテージ1973」

こんにちは!
栃木県小山市のロンジン正規販売店、
サロンドサセのアキヤマです(^^)


さて今回は…タイトル通り(^-^;)
の素敵なクロノグラフを紹介しちゃいます♪

カッコいいんですよ~、それがコチラ!(ノ´∀`)ノ

ロンジン『ヘリテージ1973』!!



40ミリ径、自動巻で391,000+税。

ご覧の通り、美しいクッション(座布団)型のケースに、
やたら角張った針やインデックスが70年代を彷彿とさせてくれますよね!
センターのクロノグラフ針がやたら太いのも特徴。
こんな太さは意外と少ないので面白いですよね(´▽`)





ポリッシュケース好きなロンジンにしては珍しく、
ケース上面には放射状のヘアラインが入り。
横三つ目のクロノグラフなんですが、
上の二つだけを黒にしてパンダ顔。
横二つ目風でよりクラシカルに仕上がってます♪





画像では分かりにくいかも知れませんが…
文字盤表面を少しザラッとした質感に仕上げていて、視認性がとても良い。
一段下げた黒のインダイヤルにはレコード状のラインを入れてマス(^_-)
横二つ目に見せる為に、
6時のインダイヤルは段差を作らず
なるべく目立たないように工夫してみたり。



そして横から。
加工に手間の掛かるボックス型に仕上げたサファイアガラスの風防(o´∀`)b
クラシカルな雰囲気をより一層引き立ててくれますねぇヾ(o´∀`o)ノ






裏から見えるムーブメントは同じスウォッチグループに属するムーブメント専業メーカー、
ETA社の手になる『ロンジン専用ムーブ、L688』。
特徴は何と言ってもコラムホイール装備という点。
左側に青く輝いているのがそれです(^_-)

高級クロノグラフの代名詞的存在だったコラムホイール。
加工技術の進んだ現代では比較的安価に出来てしまうのでしょうが、
それでもこの価格帯でやっているのはロンジンだけでしょう!

コラムホイールを青焼きで仕上げているのがシブいです(・∀・)

コラムホイールというと、プッシュボタンを押し込む力が軽くて済むという印象がありますが…
通常、レバーでコラムホイールを引く方向に回転させる場合が多い所を、
ロンジンのL688は押して回転させるタイプの為か?、操作力が少し重めなのも特徴。
これは良い悪いというより好き嫌いですかね?( ´艸`)
是非店頭でカチカチやってみて下さい!





他とは一味違う、こだわりクロノが
この価格で実現出来るのは
ロンジンだからこそ!

アキヤマだけでなく、当社社長もお気に入りのロンジン ヘリテージ1973。
じっくり店頭でご覧下さいませ♪(´ε` )

以上、栃木県小山市のロンジン正規販売店、
サロンドサセのアキヤマがお送り致しました(^^)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://34649.blog50.fc2.com/tb.php/265-7db154f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。