FC2ブログ
皆さんこんにちは!
栃木県小山市のロイヤルオリエント取扱店、サロンドサセのアキヤマです(^^)

先日、良心的な価格の国産機械式時計『オリエントスター』をご紹介しました。
基本10万円位までの価格帯を大得意とするメーカー(^_-)
しかしオリエント、実はそれだけでなく更に上のシリーズも存在します(o´∀`)b

それが『ロイヤルオリエント』(*´▽`*)



こちらは3針スタンダードモデル、WE0031EK。
ケース径39ミリ、日付、パワーリザーブインジケータ付、自動巻きで税込\248,400-。

ドメスティックブランドの高級品だとやはりSEIKOのグランドセイコーが最も有名で。
CITIZENのザ・シチズンも知ってる方はいるかも知れないですが…
ロイヤルオリエントに関しては、正直かなり知名度低いのが現状です(>_<)

しかし!知名度と時計の出来は全く関係ない!と言わんばかりの良い造りしてるのです♪

文字盤の艶やかな「黒」が美しいシンプルな時計ですが…
その上に乗る厚く太い、シャープに磨かれた針。
同じようにシャープで高さのあるインデックスが表情を豊かにしています(*´ω`*)

通常ツヤツヤの黒文字盤だと針が同化してしまって見にくい事が多いのですが。
厚みのある針、高さのあるインデックスも斜面はポリッシュ、しかし上面をヘアライン仕上げとした事で視認性良し!
更に針の長さも計算されていて、
それぞれがキッチリとインデックスに届くようになっているのが好印象♪
これ、意外と出来ていない時計が多いんですね。



12時位置にはオリエント得意のパワーリザーブインジケーター。
これが有る事で、文字盤が間延びせず良いバランスではないかと(^^)

ケースの磨きも素晴らしい。



ポリッシュとヘアラインを使い分けて、
境目もきっちりとエッジが立っていてキリッ!(*'▽'*)

通常、面を出そうとすればエッジが丸くなり、
エッジを立てようとすると面が歪むものですが、
職人の手作業による「ザラツ研磨」という技術によってピシーッとしてますよね!





ケースとブレスの接合パーツもしっかりと磨きが入り歪みないです、綺麗(^O^)/

ブレスとバックルの造り込みに関しては、
個人的にはもう少し頑張って貰いたかった部分も正直ありますが。
装着感は非常に良いですねー(^_-)

そしてお約束の透明な裏蓋からは金色に輝くローターが♪
獅子の向かい合ったオリエントのロゴ入りです(´ー`)



実はこのムーブ、グランドセイコーのような専用品ではなく。
下位のオリエントスターと一緒。
つまりは今時の自動巻には珍しい6振動なんです。
それに装飾を更に加え、職人が何度も調整をして平均日差+10~-5秒という高精度を実現してます!

何が何でも高精度!独自のムーブ!な方には向かないかも知れませんが、
6振動のゆっくりとした針の動きが楽しめるのが美点ですかね(o´∀`)b

と熱めに?語って参りましたが…
なぜそこまで推すのかと言いますと…

アキヤマ、思わず自分で購入してしまったからです(^^;)

この価格帯でこの造り込みは凄い!
写真や文章だけでは伝わらない部分を
是非店頭で体感して頂きたい!
切にそう願います。
国産高級時計はカタログだと地味~なのが難点なので(;^_^A

もし店頭に無い時でも、
運が良ければわたくし、アキヤマが着けているかも知れませんので…


栃木県小山市のロイヤルオリエント取扱店、サロンドサセまで是非いらして下さい!
お待ちしております(_ _)










関連記事
スポンサーサイト
2015.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://34649.blog50.fc2.com/tb.php/248-1fc2ba67