FC2ブログ
こんにちは、サロンドサセのアキヤマです(^^)
本日はかなり独断と偏見に満ちてしまう可能性がある事を予めお詫びしておきますσ(^_^;


さて、タイトルの通り立て続けに発売となった話題の2車…
『トヨタの86とスバルのBRZ』!



格好がどうとか性能がどうとかは色々意見はそれぞれあると思いますが…
やれ室内が広いだとか、燃費が良いだとかがウリの車しか無い今の日本で、
よくぞ出してくれたという事を素直に喜ぼうじゃありませんか(o゚▽゚)o

決して便利ではないけれど、そのグッと低く構えたスタイリッシュなデザイン、
包まれ感のある室内、
視点の低さからくる非日常的な風景、
意のままに操る楽しさ(*'▽'*)
所有する喜びが最も味わえるのがクーペでありスポーツカーなんじゃないでしょうか?

機械式腕時計にも通じる物がありますよね♪
実用性ではソーラー電波やクォーツに及ばない、
でも所有する事の喜びや楽しさは代え難いものがある♪
スポーティーな車が好きな人は機械式時計も好きというのはあながち間違ってないと思います(^^)

欧州なんかではどのメーカーでも必ず魅力的なスポーツモデルがあり、
受け入れる土壌もある。
しっかりした地位を築いているんですけど…
日本て売れる車はこんなだ!ってなったらどこもかしこも右へ習え(+o+)
運転して楽しい車より楽な車。
歴史の違い、国民性の違いなんでしょうか?(*_*;


90年代中盤にH社のとあるミニバンがメガヒットしてからというもの、
日本ではスポーツカーやクーペというと狭い、人数が乗れない、低くて乗り降りしにくい、うるさい等々、
そりゃまぁ酷い扱いになり売れ行きも激減
、どんどん淘汰されていき…

レビン/トレノ、セリカ、180SX、インテグラ、プレリュード、FTO等の比較的手頃なクーペ達はいつのまにか散り、

ついにはスープラ、スカイライン、シルビア、RX-7、NSXという時代を築いたビッグネーム達までもが消滅。

頑張っていたMR-S、S2000等のオープンスポーツも…
ロードスターはまだまだ頑張ってますが(^-^;)

途絶えていたフェアレディZの復活やスカイラインクーペ、
それにスーパーカーと言えるR35GT-RやレクサスLF-A等出てきてはいますが、
いかんせん価格的に手頃な車は皆無ですよねぇσ(^_^;


86&BRZはそこを突いてきた事が一番素晴らしい点ですよね!
200万円代のクーペなんて凄く久しぶりなんじゃないですか?
誰にでも楽しめるスポーティーなクーペというジャンル(^^)


いたずらにハイパワーを求めない姿勢も良いです。
何せパワー競争に参入すればそれこそ価格が高騰しますし、
場面によっては扱いにくくなりますしネ(^_-)

そして何より駆動方式をFR(前輪で操舵、後輪で駆動)としてきた事!

何故か?これはやはり車を操る楽しさを考えた時には自然な答えかなと思います。

他の駆動方式ではFRの素直な操縦性はなかなか得られないとアキヤマは考えます(´ー`)
勿論FRでなくとも楽しい車はたくさんありますけどネ。

ともかくこの86&BRZ以降、実用性一辺倒ではない、
趣味性の強い車が少しでも増える事を願わずにはいられません(^^)/

車は時計よりも更に生活に密着している物なので、より厳しいかも知れませんけど。
機械式時計がクォーツ登場により、
瀕死の状態になりながらも今や見事復活したように、
街中にもっと低くてカッコイイ車が増えると良いなぁ(*'▽'*)



と、かなーりオブラートに包んだもどかしい文章になってしまいましたが(笑)
価値観は人それぞれ、是非アキヤマにぶつて見て下さい!
喜んで話に乗っちゃいます(^_^)ゞ
時計話を織り交ぜながら濃い話が出来る、はず?

以上、車はワイド&ロー!が信条の『生ける化石』アキヤマでした(^^)
関連記事
スポンサーサイト



2012.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://34649.blog50.fc2.com/tb.php/180-8a5ebe69