サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンギネスじゃなくてロンジンです。 LONGINES『マスターコレクション ムーンフェイズトリプルカレンダー L2.673.4.78.6』

こんにちは!
栃木県小山市のロンジン正規販売店、
サロンドサセのアキヤマです(^^)


…良く聞かれるんです、
「このロンギネスって有名なんですか?」と…
時計メーカー、ぱっと見何と読むのか分からないところ多いんですけどね。
つい英語読みやローマ字読みをしてしまうからかもしれません。

「LONGINES」→「ロンジン」です、これを機に覚えて頂けると嬉しいです。


……さて気を取り直していきましょう!
ロンジンのマスターコレクションと言えば、
現行ロンジンの旗艦シリーズ。

麦の穂をイメージした美しい「バーリーコーン」模様の白文字盤。
これまた美しい、青く焼かれたリーフ型の針。
そしてクラシカルなアラビア数字のインデックス…

ステンレスブレスでも良いですし革ベルトも似合うので
春夏秋冬、いつでも活躍間違いなし。


その普遍的な佇まいから永く愛されていています。

そんなマスターコレクションが初めて世に発表されてから10年。
その間、ずっと変わらず人気のモデルがあります。


それがコチラ!
ロンジン『マスターコレクション ムーンフェイズ トリプルカレンダー L2.673.4.78.6』♪(´ε` )




40ミリ径の自動巻で381,000円+税。

一目見た瞬間、
なんだかいっぱいくっついてるネ!というモデルです。
それでもスキッとして見える文字盤のデザインはさすが。

こちらに搭載してるムーブはETA社の7751と言いまして。
クロノグラフ用ムーブとしては超メジャーなETA7750の派生。

その機能は…クロノグラフ(ストップウォッチ)!

月、日、曜日のトリプルカレンダー!

24時間計!

そしてムーンフェイズ!
(ムーンフェイスとは言いません、月齢、月相の意味なんです)

はい、てんこ盛り。

しかし、これだけの機能を有しながら現代としては比較的コンパクトな40ミリ径という大きさに抑え…
デザインも子供っぽくならず、
そして何より税込みでも40万円前半。

機械式時計という小宇宙、に憧れる方にはたまらなく魅力的なのでは?







そしてマスターコレクションと言えばやはりコレでしょう!



クラシカルな文字盤に踊る、
リーフ(葉っぱ)型のブルースチール針。

塗ってもいないしメッキでもない、
「焼き入れ」による色なんですね。

金属を熱して酸化皮膜を作り、
それに寄って錆びを防ぐ意味合いがあります。
よって古く懐中時計の時代から使われている技術なのですが。

その皮膜の美しさ!白に映える深い青がカッコいいのです。


ただ単に熱するだけでは駄目で、
少し温度が変わったりすると色が変わってしまったり均一にならなかったり。
その分手間は掛かりますが…
たまらなく魅力的です。












ブレスは中央列をヘアライン仕上げとしたオーソドックスな物。
バックルは観音開きタイプを採用。

湿気があり暑い時期を過ぎたら、
革バンドに交換して使うのもオススメ!
この顔、革バンドが似合わない訳ありませんよね?










さすがに厚みはあります、約15ミリ。
しかしケース径が小さめなので
比較的着けやすい大きさなのかなと思いますが。
試着にてご判断下さいませ。









裏蓋からは装飾されたムーブが見えます。
時計を着けてしまうと見えないですが、
メカ好きにはたまらない部分ですよね。










是非、店頭にて時の流れに耐えうるデザイン、
そしてブルースチールの美しさを体感して下さい!


栃木県小山市のロンジン正規販売店、
サロンドサセの「マスターコレクションマイスター」がお待ちしております(^^)

お問い合わせはこちら>>>

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。