サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

オトナの階段昇る~♪ LONGINES『ヘリテージ1968』

こんにちは!

栃木県小山市のロンジン正規販売店、

サロンドサセのアキヤマです(^^)



当店のサイトリニューアル以降、ブログ更新が止まっていまして


大変申し訳ございません(‥;)



またちょこちょこと更新していこうと思っておりますので


宜しくお願い致します(o´∀`)b






さて今回は、過去の名デザインを続々リリースしているロンジンのヘリテージ(遺産)シリーズより



いぶし銀なカッコ良さが光るこちらのモデルを(o´∀`)b



ロンジン『ヘリテージ1968』♪(´ε` )









33ミリ径、自動巻で259,000円+税。





1968年ですから…おそらく

当時10振動というハイビートを誇った名機、Cal.431搭載の「ウルトラクロン」辺りがモチーフでしょう。

確か当時こんな形のがあったはず…。

間違ってたらゴメンナサイ(^^;)





復刻版はオリジナルのような凝った機械ではないですけどねー、そこは残念なのですが。

しかし修理が心配とか、夏場は使えないといったヴィンテージモデル特有の心配をせずに

当時の雰囲気を味わえる事が復刻版最大の魅力!(*´▽`*)





このモデル、一見すご~くシンプルな時計なのですが、

個人的な見所は3つですかね。





まずは文字盤の仕上げ。







シルバーですが、縦方向に少し強めの筋目が入ってまして。

光の加減でとても美しい表情をみせてくれるんですね(´ー`)

これはホント素敵です♪



そこに合わせるインデックスは細くモダンな印象のローマ数字。



その外側にはクラシックなレイルウェイ(線路のような)の分表示。



日付窓も台形になってたりして、

それらが違和感なく合わさってると思いませんか?



見れば見るほどという、

スルメ系の性格を持ってるなーとアキヤマは思うのですが(^^)







そして2つ目は風防。













見ての通りクラシカルな雰囲気を出す定番、

ボックス型のサファイアガラスなのですが。

垂直に立ち上がり、上面はまっ平ら。

とてもシャープな印象を与えてくれますが、

両面が交わる所はほんの少しだけ角を落としてたり。



何もしてないようでいて芸が細かい(*´ω`*)











最後の3つ目はそのサイズ感です。









縦横ともに33ミリの正方形。

そして厚みはアキヤマの実測で9ミリに満たない、見た目通りにスマートな大きさ(*´∀`*)



現代では小さめとも言えますが、

これをさり気なく着けてたらカッコいいだろうな、と思うのでありマス(・∀・)





派手さのカケラもない渋い時計ですが、

見れば見るほど、話を聞けば聞くほど素敵になるロンジン ヘリテージ1968を是非試着してみて下さいネ!!



栃木県小山市のロンジン正規販売店、サロンドサセの「ロンジン大好き」アキヤマがお待ちしております(^^)

スポンサーサイト

FC2Ad