サロン・ド・サセ スタッフブログ

栃木県小山市にある時計&ジュエリーのお店、SALON dE SASEです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活の狼煙を上げろ! 『トヨタ86&スバルBRZ』

こんにちは、サロンドサセのアキヤマです(^^)
本日はかなり独断と偏見に満ちてしまう可能性がある事を予めお詫びしておきますσ(^_^;


さて、タイトルの通り立て続けに発売となった話題の2車…
『トヨタの86とスバルのBRZ』!



格好がどうとか性能がどうとかは色々意見はそれぞれあると思いますが…
やれ室内が広いだとか、燃費が良いだとかがウリの車しか無い今の日本で、
よくぞ出してくれたという事を素直に喜ぼうじゃありませんか(o゚▽゚)o

決して便利ではないけれど、そのグッと低く構えたスタイリッシュなデザイン、
包まれ感のある室内、
視点の低さからくる非日常的な風景、
意のままに操る楽しさ(*'▽'*)
所有する喜びが最も味わえるのがクーペでありスポーツカーなんじゃないでしょうか?

機械式腕時計にも通じる物がありますよね♪
実用性ではソーラー電波やクォーツに及ばない、
でも所有する事の喜びや楽しさは代え難いものがある♪
スポーティーな車が好きな人は機械式時計も好きというのはあながち間違ってないと思います(^^)

欧州なんかではどのメーカーでも必ず魅力的なスポーツモデルがあり、
受け入れる土壌もある。
しっかりした地位を築いているんですけど…
日本て売れる車はこんなだ!ってなったらどこもかしこも右へ習え(+o+)
運転して楽しい車より楽な車。
歴史の違い、国民性の違いなんでしょうか?(*_*;


90年代中盤にH社のとあるミニバンがメガヒットしてからというもの、
日本ではスポーツカーやクーペというと狭い、人数が乗れない、低くて乗り降りしにくい、うるさい等々、
そりゃまぁ酷い扱いになり売れ行きも激減
、どんどん淘汰されていき…

レビン/トレノ、セリカ、180SX、インテグラ、プレリュード、FTO等の比較的手頃なクーペ達はいつのまにか散り、

ついにはスープラ、スカイライン、シルビア、RX-7、NSXという時代を築いたビッグネーム達までもが消滅。

頑張っていたMR-S、S2000等のオープンスポーツも…
ロードスターはまだまだ頑張ってますが(^-^;)

途絶えていたフェアレディZの復活やスカイラインクーペ、
それにスーパーカーと言えるR35GT-RやレクサスLF-A等出てきてはいますが、
いかんせん価格的に手頃な車は皆無ですよねぇσ(^_^;


86&BRZはそこを突いてきた事が一番素晴らしい点ですよね!
200万円代のクーペなんて凄く久しぶりなんじゃないですか?
誰にでも楽しめるスポーティーなクーペというジャンル(^^)


いたずらにハイパワーを求めない姿勢も良いです。
何せパワー競争に参入すればそれこそ価格が高騰しますし、
場面によっては扱いにくくなりますしネ(^_-)

そして何より駆動方式をFR(前輪で操舵、後輪で駆動)としてきた事!

何故か?これはやはり車を操る楽しさを考えた時には自然な答えかなと思います。

他の駆動方式ではFRの素直な操縦性はなかなか得られないとアキヤマは考えます(´ー`)
勿論FRでなくとも楽しい車はたくさんありますけどネ。

ともかくこの86&BRZ以降、実用性一辺倒ではない、
趣味性の強い車が少しでも増える事を願わずにはいられません(^^)/

車は時計よりも更に生活に密着している物なので、より厳しいかも知れませんけど。
機械式時計がクォーツ登場により、
瀕死の状態になりながらも今や見事復活したように、
街中にもっと低くてカッコイイ車が増えると良いなぁ(*'▽'*)



と、かなーりオブラートに包んだもどかしい文章になってしまいましたが(笑)
価値観は人それぞれ、是非アキヤマにぶつて見て下さい!
喜んで話に乗っちゃいます(^_^)ゞ
時計話を織り交ぜながら濃い話が出来る、はず?

以上、車はワイド&ロー!が信条の『生ける化石』アキヤマでした(^^)
スポンサーサイト

悲しい出来事『ストロベリーフィールドの門が撤去』

こんにちは、アキヤマです
今日は時計も何も関係なく…
とてつもない衝撃を受けたニュースの件
かなり思い入れが強い文章ですが、目くじら立てずにスルーして頂ければ

皆さんは『ストロベリーフィールズフォーエバー』という曲、ご存知でしょうか?
ザ・ビートルズ屈指の大大大名曲であります。

その名曲のインスピレーションの元となった場所がストロベリーフィールド。
勘違いしてる方多いんですが苺畑ではなく…
幼少期のジョン・レノンが遊び場にしていたというイギリス、リバプールにあった孤児院の名前なんです

2005年に閉鎖された後も入口の赤い門は残されていて、
ビートルズファンにとっていつかは行きたい、まさに聖地なんですね
アキヤマも新婚旅行で訪れました。
門を目にした瞬間、ただ涙し立ち尽くしたのを鮮明に覚えておりマス

その赤い門、なんとこの5月に複製品に置き換えられたと……
所有者の救世軍によれば劣化が激しく、維持が困難な為に保存に回す事にしたと。
確かに相当年月を経てますからやむを得ないとは思いますが~…
ビックリなのは独断でやってしまったという事で 続きを読む

サーカスの幕開け



こんにちは、アキヤマです
写真はオメガ『スピードマスター レーシング』の…
ミハエル・シューマッハの2000年チャンピオン獲得記念モデル(思いきり私物)。
彼はその後も獲得してまして、記念モデルはどんどん立派に、高額になっていきましたが…
フェラーリ移籍後初のチャンピオン獲得モデル、コレが一番好きデス
あ、ベルトは気分転換にレッドカーボン柄のラバーに交換してます
評判はイマイチ…ですけどフェラーリですから『赤』。
ベタな発想です(笑)

何が言いたかったのか
待ちに待ったF1日本GPがいよいよというだけです
時計ネタと思った方、ゴメンナサイ…。
チャンピオン争いが混沌としてきた中、一体誰が抜け出すのか?
ウェバー?アロンソ?ハミルトン?バトン?ベッテル…?
考えるだけでゾクゾクしちゃいますよね~
ちなみに4年ぶりに復帰したシューマッハは散々で、
もう一花咲かせて欲しいと願う訳です…

ちなみにアキヤマは録画で見ますので、くれぐれも結果は知らせないで下さいネ

名機


こんにちは、アキヤマです
名機と言っても時計には全く関係ありません(笑)
先日友人達と食事をした際に、ある一人が乗ってきた車が…
知る人ぞ知る日産の『マーチ 12SR』、マニアック

見た目はただの可愛いマーチですが
いわゆるボーイズレーサーやホットハッチ(死語?)のジャンルに属する車でして。
そういう車に目が無い私は早速試乗

軽量ボディにこれがマーチっていう位に上までガンガン回るメーカーチューンドエンジンが組み合わされ…
適度に締め上げられた足周りにタイヤは純正でハイグリップなポテンザRE-01R
とんでもなく速い訳では無いんですが、これはメチャメチャ楽しい
特にエンジンは絶品かと
低回転はまさにマーチでかったるいのですが、高回転でのパンチと音は素晴らしいですネ
マーチで乗り出し200万円オーバーは伊達じゃないですよ
皆さんも乗る機会があったらブン回して下さい
ハイパワー車じゃ味わえない世界がそこにはあります
欲しい車が多過ぎるアキヤマでした

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。